さらにサリチル酸をみていくと

サリチル酸についてもう少し補足して説明していきたいと思います。

大人ニキビに非常に有効な成分であることにはかわりないのですが、ビタミンC誘導体と非常に相性の良い薬用成分なのです。

相性が良かったとして、それがニキビに対してどう効果が働くのかという点についてですが、もともとサリチル酸は古い角質を取り除き、新陳代謝を活発化させることによって新しい皮膚を生成させるために存在する薬用成分です。

そこでお肌の手入れ、およびお肌の健康維持を保つために、必要なビタミンC誘導体が加わることによって、どんどんと肌の状態が良くなっていくということがわかります。

メラニンが蓄積されていくのも防いでいきますので、女性にとっては欠かすことのできない薬用成分と言うことになりますよね。
ニキビができにくい環境を作る。

そして肌の状態をよいまま維持する。

そういった作用がサリチル酸とビタミンC誘導体がうまく働きかけてくれるのです。

サリチル酸はさらにビタミンC誘導体が肌の中に浸透しやすい状態にしてくれるのと同時に、きめ細かい肌へと変えてくれるので、

女性にとっては最高の薬用成分だということができます。

ビタミンCを同時に取ることができるような商品を使えば、ニキビが治るだけでなく、美しい肌へと変化することも可能です。

使い続ければ使い続けるほど、その良さを実感していくことができるでしょう。有効な薬用成分としてサリチル酸があることを覚えておきましょう。

 

サリチル酸について

ニキビに有効な成分、グリチルリチン酸ステアリルをご紹介しました。

今回はサリチル酸についてご紹介したいと思います。

サリチル酸は一言で言うとピーリング効果があるわけです。

ピーリングとは何かといいますと皮をむくとイメージされるといいと思うのですが、要は新陳代謝によって肌が活性化され、新しい皮膚が生まれ変わるその作用を手助けしてくれる薬用成分がこのサリチル酸ということになります。

新しい皮膚に生まれ変わってでてくるのと同時に、古い角質を取り除いてくれる役割があるわけです。

古い角質が残ってそこに空気などに含まれている汚い物質などがまさにアサルトニキビができるわけです。

でもその古い角質を取り除いてしまうと、いくら空気中の汚いものが肌に沈着したとしてもニキビまで発展することはありません。

新陳代謝の活性化をしてくれるこのサリチル酸は非常にピーリング効果が高いので、ニキビには非常に有効だということがいえます。

こういった薬用成分によるピーリングのことをケミカルピーリング、つまり科学的にピーリングを行う治療ということになります。

科学的治療行うということですから自然界にあるものとは違ってやはり体に一定的な刺激を与えたり負担を与えたりすることは否めません。

ですのでいちどどこかの肌の部分を使ってパッチテストを行うなどしてみると良いと思います。

以上のようにサリチル酸はピーリング効果ありニキビにとっては有効な成分だということが出来るのです。

 

 

 

 

 

 

グリチルリチン酸ステアリルについて

よく薬などの裏面を見てみると書いてある薬用成分として、グリチルリチン酸ジカリウムが載っていると思います。この薬用成分は非常に有名ですよね?

炎症を抑えるときによく用いられる薬ですので、ほとんどの薬にこの成分が含まれているのではないでしょうか?

でも他によく似た名前でグリチルリチン酸ステアリルというものがあります。これも非常にニキビに対して有効に働くので、よく用いられる薬用成分だといえます。

名前が似てるのも勿論なのですが、グリチルリチン酸ジカリウムの強力版としてこの成分が存在しているのです。

つまり普通のグリチルリチン酸ジカリウムの場合が1とした場合、グリチルリチン酸ステアリルは数倍も効果があるということになります。これはすごいとお思いになった方もいるかもしれませんが同時にそれだけ強い効果を発揮するような薬用成分だったら皮膚に非常に悪いのではないかと思うかもしれません。

確かに非常に厳しい制限もあります。

使う量も限られていますので、多く用いられる事はありません。

ただ安全性は確保されているのでその点は心配ないと言えるでしょう。

このような薬用成分を含んだ薬を使うときは、かなりニキビに対して炎症効果をもたらしたいと思うようなときに使うものだということがイメージできると思います。

薬のパッケージを見てこの成分が含まれているときは炎症効果がきちんとあるんだなということがお分かりいただけるはずです。

また同時に使いすぎると、皮膚に対してよくない影響を及ぼすんだなっていうことも頭の隅に覚えておくと良いでしょう。

グリチルリチン酸について

グリチルリチン酸もおとなニキビに効く作用の代表ですね。

これは非常に強い抗炎症作用を持っています。今まで説明しきたことと同じように、肌のトラブルが生じる状態が大人ニキビでありますから、それの炎症をしっかりとおさえてくれる成分、コレが1番ニキビに働くことなのです。

だからこそ大人ニキビに対してこのグリチルリチン酸、ということになります。代表例の薬用成分としてこの名前をよく聞くのではないでしょうか。

大人になってニキビができたときに、皮膚科で処方される薬は正しくグリチルリチン酸が含まれているはずです。だから何度か目にしたことがあると思います。

それぐらい代表的なものですので、しっかりと肌の炎症を抑えることに努めましょう。

もちろんこの成分だけが含まれているのではなく、その他の成分と混ざってよりよく大人ニキビに高価が発揮できるように作られてあります。

ちなみにこのグリチルリチン酸は漢方などでよく聞く名前なのですが「甘草」という草があるのですが、その根から抽出される成分がまさにこのグリチルリチン酸ということになります。

ですので昔の中国ではこの成分に注目し、肌トラブルにはものすごく効果があることを知っていたのでしょうね。

肌の炎症を抑える成分がこのグリチルリチン酸ですので、はっきり言ってニキビを解消するだけの効果があるわけではありません。単なる炎症を抑制するだけの働きを持っているだけなんです。万能薬と言う訳では無いところが残念なところなんですよね。

 

ビタミンB群も有効であるということ

ニキビになんとビタミンCが初であるということも、前回のブログで紹介しました。

今回は他にどんな成分が大人ニキビに有効なのか?その点について記してみました。

ビタミンB群もどうやら大人ニキビにはとても良いということがわかったのです。

それは何故かというと、このビタミンB 群は皮脂の分泌を抑制する作用があるからです。

ビタミン類が大人ニキビに直接影響するというよりも、皮膚を正常な状態に戻してくれる作用が強いようです。

つまりそれぐらい皮膚は異常なぐらいにダメージをうけていることになりますよね。

ニキビと言うのは前に説明しましたように、ストレスや生活習慣の乱れが生じることが多いです。

若い時のように「青春ニキビ」として、皮脂の分泌や不衛生な部分からできるものとは違い、肌のトラブルから引き起こされた炎症だと考えた方が良いでしょう。だからこそもとの肌の状態にさえ戻せば、随分と大人ニキビが改善されるということは理解できるのです。

だから簡単な話、薬用成分をとるというより、普段の生活を見直し、ストレスなく十分な睡眠をとり、規則正しい生活をすることが1番の特効薬かもしれません。

色々な物をとり入れるよりも、まずは自分の生活を見直す考え方の方が大切かもしれませんね。

それができないときに初めて外から取り入れるものによって解決しようという考え方になるのです。

 

 

 

皮膚を正常な状態に保ってくれるもしくは戻してくれる役割が強いのですビタミンB群は皮脂の分泌を抑える作用があるからです

ビタミンCに注目してみる

前回は薬用成分である「イオウ」の話をしたんですが、大人ニキビは本当に厄介だということがよくわかります。

菌があるならそれを殺すだけの薬を使えばそれでいいわけですが、生活環境となればその原因となる理由は様々になってきます。

となると、それに効く薬となれば万能であるということなのですが、

逆に考えると何にでも効くということは、それだけ体に対してもよくないということも考えられますよね。

つまり主作用が豊富にある分、副作用も少なからず起こりうるということですね。

この点から考えていたときに副作用が起こりにくく、大人ニキビにもしっかりと効くような薬用成分は何かというものでなければなりません。

そこで、ちょっと違う考え方なのですが、ビタミンCが挙げられます。

この名前はおそらく知らない人がほとんどいないと思いますが、なぜこの成分がいいのかということを説明しましょう。

皮脂の分泌を抑制する働きがあるといえますし、炎症を起こした部分を沈静化させる作用があるからです。

という事は最初に書いたようニキビの原因であるアクネ菌の存在とは全く関係なく、

皮脂の分泌を抑える働きがあるということは、不摂生な生活を送っている人にとっても、しっかりと効果が出るということですし、

実際に大人ニキビができている人にとっても、その炎症を起こした部分をなくしてくれる作用があるのですから、

まさしくうってつけだと言えると思います。抑える働きがあるということは。

 

 

大人ニキビとイオウについて

ニキビの有効成分としてイオウについて前回取り上げてみました。

もちろんこの成分は昔からある有効成分で、民間療法としても使われていたのです。

このイオウは、ニキビだけでなく、その他の病気などにも使われてるぐらいですので、とても役に立つ薬だと言えるでしょう。

このニキビの有効成分であるイオウについて、前回とともに述べさせてもらったのですが、

あくまでこれは一般的な治療薬として用いられているわけであり、

どんなものでも効くのではないかと思うわけですが、

実は残念なことながら、今回テーマとして取り上げている「大人ニキビ」に関しては少し疑問符がつくのです。

といいますのも、大人ニキビに関しては、このイオウの成分はあまり効果が出ないと言われています。

なぜなら、このイオウに関して言えば決して悪いものでは無いのですが、大人ニキビはいわゆるアクネ菌が元となってできるような吹き出物では無いからです。

大人ニキビの場合は、生活環境によってできるニキビだと考えると、アクネ菌が元になっているわけではないと言えるのです。

原因になっているアクネ菌を殺菌するために存在するこのイオウであるわけですが、

その元となっている菌がなければ、イオウ成分が違う方向に働いてしまうのは想像できますよね。

ですので、どういった環境のもとで大人ニキビが出来たかどうかはわかりませんが、

例えばストレスや不摂生による生活が続いている場合は、まさしく大人ニキビの典型例であり、この場合はこの薬用成分はあまり効果が期待できないことになります。

イオウという成分について

大人になって悩ましいものといえばニキビでは無いでしょうか。

若い頃なら、「青春のシンボル」としてニキビができても、まだ何となくカッコイイみたいなところがありますが、

大人になってできたものは汚らしい、 みたいなイメージがありますね。

そこで、大人ニキビに効果的な薬を使いたいと思うはずです。

その大人ニキビに効く薬の中に含まれている薬用成分について、調べていきたいと思います。

早速ですが皮膚科などで処方される薬の成分としてふくまれているものの代表例としては「イオウ」があります。

大概は薬の表示の所をみてもらったら分かるのですが、「イオウ」が含まれているはずです。

カタカナで書かれている場合と「硫黄」と漢字で書かれている場合とがありますが、もちろんどちらも同じです。

さて、このイオウですが、どういった効果があるのか、ということですね。

ニキビができる原因はアクネ菌なのですが、コレを殺菌する作用があるのです。

またコレだけではなく、角質をやわらかくする作用もありますので、イオウが代表として使われるのです。

角質がやわらかくなるのとニキビとどういう関係があるのかですが、やわらかくなるとニキビの芯が取れやすくなり、目詰まりがなくなるのです。

殺菌されて目詰まりが無くなる、コレこそニキビケアとして最適であることがわかりますね。

なるほどなと感じます。皮膚科が処方しているのですから、しっかりとした効果があるのはわかりますが、実際にどういう作用があるのかを

調べるとすごいなとわかりますね。