イプシロン-アミノカプロン酸について

イプシロン-アミノカプロン酸についてですが、「抗プラスミン薬」のほうが知っているかな?

プラスミンの働きを抑制する成分です。

おもな作用としては止血作用です。

プラスミンですが、これについても記載が必要でス。

これは炎症やアレルギー反応に関わっているのです。

炎症してしまったニキビにたいして、イプシロン-アミノカプロン酸を使うと落ち着かせる効果が期待できます。

ふと思ったのですが、薬の成分ってあまりにもマイナー?(失礼かな)なものについては、何だかとても長い名前だと思いませんか.

今回もそうですもんね.

なかなか覚えにくい名前なのですが、逆に長ければ長いほど薬として効果があると感じてしまいます.

面白いですよね.

なかなか覚えられないのにインパクトが強いというのは薬用だけではないでしょうかね.

名前が長かったら何とかまとめてとかニックネームをつけようと思ってしまいますね。

これらのことに関してはフルネームで呼んだ方が格好いいですものね.

しかし、代替がその効果として炎症を抑えるか、血行を促進するかが主な働きとなりますね。

後は肌を整える働きがあるぐらい。

しかし、何種類もの成分が含まれると言う事はそれ単独でガツンと効果のある物もないと言う事は確かです。

もしそういう薬用成分があるとするとそれはそれで怖いですしね。

もしかしたらあるのかもしれないけど、世に出ていないだけかもしれません。

ニキビが一発で治る薬が出来たらいいですね。