いろいろな薬用成分がここに登場

有効成分は本当にたくさんありますよね?例えばこんなものも薬用成分の中の1つとして含まれています。それはカルボキシビニルポリマーと言う成分です。

ぱっと見た瞬間薬用成分?と思われるかもしれませんが、れっきとした薬用成分としてニキビ対策用の商品に含まれています。

この商品自体は何かと申しますと、水分を含むとそれを蒸発させないような作用があるわけです。

ニキビに関連した商品を肌に付けて、それが炎症作用を抑える働きがあったり、保湿成分を含むものを使ってしっかりと保湿するのが主体で考えると、このカルボキシビニルポリマーは塗った後、水分が蒸発することを防ぐ役割があるのです。

本来の効果からすれば二次的三次的な存在なのかもしれませんが、これがなければすぐに水分が蒸発し本来の効果を得ることができなくなってしまうかもしれません。

間接的であるかもしれませんが、縁の下の力持ち的な存在として欠かすことができませんね。

一方でグリコシルトレハロースという薬用成分が含まれていることがあるのですが、これはなんと炎症を抑えながらも保湿成分としての役割があるので、2つの役割を果たしてくれるのです。こういう存在の成分は非常に凄いなと思います。

 

グリコシルトレハロースとカルボキシビニルポリマーポを比べるのは筋違いかもしれませんが、主役になる成分もありますし、脇役として存在する成分もあるかもしれませんが、どちらにしても、大人ニキビ対策用商品部中に含まれる薬用成分としては欠かすことができない薬用成分だと言えるのです。