同時にふたつのことを

混合肌の人っていうのは、あごの部分だけ乾燥していて、

他の部分だけが油っぽいということです。
大人ニキビはあごのラインによくできるわけですから.

Uzone のニキビということができますし、

油分で出てくる青春ニキビというのはどちらかというと、

鼻やおでこあたりのTゾーンだということができます
これらを同じものを使った場合、

効果が半減するだけでなく、

逆効果になってしまいます.

ですので、そのゾーンにあった洗顔洗剤を使ってやっていかなければいけないので

乾燥肌の場合はもし、油分を落とすためのニキビケア商品使ってしまうと大変なことになって

乾燥が余計にひどくなって更ににきびが悪化ししまうことに

なりますし、数が増えることもあるでしょう.

ですので気をつけてやっていかなければいけんせん.

これは確かに薬の成分とは関係ありません。

その前の対策が・・・ということにしますから
しかし薬の成分幾らしたくても、形式的な部分をしっかりとわかってなかったんですから.

両方とも一緒に行っていくのが、

1番大切だというだけではだめなんですよね.

わすれていたことがある。

私がふと気になって・・・。

大人ニキビのことについて重要なこと忘れていました.

効果的な薬用成分については

今まででもいろいろと調べてきました。

もちろんその中でも大切なこと.
にきびができないことや、

できにくくすること。

または炎症を起こしてるところや、

肌が荒れているところできるだけ抑えたり、
乾燥肌になるところをできるだけ水分を補ったり。

そういった成分の効果などについていろいろ書いてきました.

しかしながら大切なのは、
どういった人にどういう成分が、

しっかりときくのかということを見落としていたのです.
これについてもここですべてをかききるわけにはいきません。

しかし乾燥肌のひとはこういったものを使えば良い、

少し脂っぽいひとは、そういうものを使った方がよい。

とういうことについては書かなければいけませんと思います。

乾燥肌なのに油っぽいというひとがいるのです.

混合肌というか、

そういうひとには特にきをつけなければならない.

またいろいろ書いてみたいと思います.

知る事ができるよろこび

今までもいろいろ薬用成分について調べてきました.

多分素人の方だったら何言ってるのかわかりませんし、

どういった効能があるのかということも

はっきりいって、

わからないはずです。

そして、ここで書いてあることには

こんな成分があるのか.

こういう効果が現れるのかなんて

思ったと思います.

しかしそれと同時に、
ニキビだけではなく、あくまで皮膚の炎症を抑えるためなんだとか.
肌を整えるためなのだとか.油分を抑えるためなんだとか
そういった形で全般的なものとして効果が現れる.
ということがわかったともに
ニキビだけども対策としてあるのではなく、
肌荒れ対策だとか.
炎症対策だとか.そういった形であるんだって

いうことがわかったはずです
ですので、ニキビ専用のケア商品だといってても、

本当のことを言うと、皮膚全体の商品だということにもつながるわけです.
実はこのニキビケア商品のことについて知れば知るほど、

薬の具体的なことがよくわかってくる.

ということになりますよね。
こうやって一つ一つの言葉で

考えてみると、面白いと思います
調べれば調べるほどわかってくることは

興味があるので、本当に知れてよかったなと思います。

2つはちがうものね。

以前にですが、

ニキビについて調べたことがあります.

私自身は何かしら汚い菌が入っているので、

それがニキビの元になると思って調べたのですが、

それは青春時代にできるニキビ。

大人になってできるニキビとまた違うんですものね.

だからこそケア商品についても、

その成分がすべてがすべてきくわけではないです.

むしろ、大人ニキビに対して効果のある成分をしっかりと調べていかなければならないと思いました.

そこで、大別すると自然成分であるもの、

また科学的に作られた素材との二つに分かれると思います.
もちろんこれは天然成分の方が絶対に良いに決まっています.

しかし、効果が出るならば別に化学製品のものでもいいと思うのです.
ここが難しいところなんですよね.
肌に良いとなると、やっぱり天然のものが良いですし。
化学製品として良いものであれば、

それはそれでいいと思うのですが、

今後影響が全くないと言えませんので。
今がよければいいのかどうかわかりませんが、

少なからず大人ニキビの場合は、

新陳代謝が激しくなってできているニキビとは違うので

もう少し詰めて考えていく必要があるようです。

この点もしっかりと見ていきたいと思います。

効果を分類すると。

今まであげてきたにできていた大人ニキビに

効果的な薬用成分。
大別していくとにきびができた時に、

その炎症を抑えるための効果。
ニキビができているその間

全体的に綺麗にしてくれる効果。
肌が荒れてしまっているところを、

できるだけきれいな状態に戻してくるという効果。
体質的にニキビができないからだにしてしまうという効果。

など、いろいろな要素があるように思います。

これらすべてうまくまぜて使いこなせるようになると、

ニキビは誰の顔からもきえてくるようになるでしょう.

それが1番望ましいのですが、

なかなかできませんよね

また男性や女性によっても

体の分泌物も違ってくるので

にきびができる量やにきびができる体質も違ってくるようになってくるでしょう。

また、年齢的なものも違ってきます。

若い時ならば油分が多いので顔にできて、

ニキビが大人になればなるほど、

あごのあたりを中心にできて

くるわけですから、

これらは油分ではなく乾燥肌によりニキビができるものだということは、

ようするに具体策をしてなければいけませんね.