同時にふたつのことを

混合肌の人っていうのは、あごの部分だけ乾燥していて、

他の部分だけが油っぽいということです。
大人ニキビはあごのラインによくできるわけですから.

Uzone のニキビということができますし、

油分で出てくる青春ニキビというのはどちらかというと、

鼻やおでこあたりのTゾーンだということができます
これらを同じものを使った場合、

効果が半減するだけでなく、

逆効果になってしまいます.

ですので、そのゾーンにあった洗顔洗剤を使ってやっていかなければいけないので

乾燥肌の場合はもし、油分を落とすためのニキビケア商品使ってしまうと大変なことになって

乾燥が余計にひどくなって更ににきびが悪化ししまうことに

なりますし、数が増えることもあるでしょう.

ですので気をつけてやっていかなければいけんせん.

これは確かに薬の成分とは関係ありません。

その前の対策が・・・ということにしますから
しかし薬の成分幾らしたくても、形式的な部分をしっかりとわかってなかったんですから.

両方とも一緒に行っていくのが、

1番大切だというだけではだめなんですよね.

わすれていたことがある。

私がふと気になって・・・。

大人ニキビのことについて重要なこと忘れていました.

効果的な薬用成分については

今まででもいろいろと調べてきました。

もちろんその中でも大切なこと.
にきびができないことや、

できにくくすること。

または炎症を起こしてるところや、

肌が荒れているところできるだけ抑えたり、
乾燥肌になるところをできるだけ水分を補ったり。

そういった成分の効果などについていろいろ書いてきました.

しかしながら大切なのは、
どういった人にどういう成分が、

しっかりときくのかということを見落としていたのです.
これについてもここですべてをかききるわけにはいきません。

しかし乾燥肌のひとはこういったものを使えば良い、

少し脂っぽいひとは、そういうものを使った方がよい。

とういうことについては書かなければいけませんと思います。

乾燥肌なのに油っぽいというひとがいるのです.

混合肌というか、

そういうひとには特にきをつけなければならない.

またいろいろ書いてみたいと思います.

知る事ができるよろこび

今までもいろいろ薬用成分について調べてきました.

多分素人の方だったら何言ってるのかわかりませんし、

どういった効能があるのかということも

はっきりいって、

わからないはずです。

そして、ここで書いてあることには

こんな成分があるのか.

こういう効果が現れるのかなんて

思ったと思います.

しかしそれと同時に、
ニキビだけではなく、あくまで皮膚の炎症を抑えるためなんだとか.
肌を整えるためなのだとか.油分を抑えるためなんだとか
そういった形で全般的なものとして効果が現れる.
ということがわかったともに
ニキビだけども対策としてあるのではなく、
肌荒れ対策だとか.
炎症対策だとか.そういった形であるんだって

いうことがわかったはずです
ですので、ニキビ専用のケア商品だといってても、

本当のことを言うと、皮膚全体の商品だということにもつながるわけです.
実はこのニキビケア商品のことについて知れば知るほど、

薬の具体的なことがよくわかってくる.

ということになりますよね。
こうやって一つ一つの言葉で

考えてみると、面白いと思います
調べれば調べるほどわかってくることは

興味があるので、本当に知れてよかったなと思います。

2つはちがうものね。

以前にですが、

ニキビについて調べたことがあります.

私自身は何かしら汚い菌が入っているので、

それがニキビの元になると思って調べたのですが、

それは青春時代にできるニキビ。

大人になってできるニキビとまた違うんですものね.

だからこそケア商品についても、

その成分がすべてがすべてきくわけではないです.

むしろ、大人ニキビに対して効果のある成分をしっかりと調べていかなければならないと思いました.

そこで、大別すると自然成分であるもの、

また科学的に作られた素材との二つに分かれると思います.
もちろんこれは天然成分の方が絶対に良いに決まっています.

しかし、効果が出るならば別に化学製品のものでもいいと思うのです.
ここが難しいところなんですよね.
肌に良いとなると、やっぱり天然のものが良いですし。
化学製品として良いものであれば、

それはそれでいいと思うのですが、

今後影響が全くないと言えませんので。
今がよければいいのかどうかわかりませんが、

少なからず大人ニキビの場合は、

新陳代謝が激しくなってできているニキビとは違うので

もう少し詰めて考えていく必要があるようです。

この点もしっかりと見ていきたいと思います。

効果を分類すると。

今まであげてきたにできていた大人ニキビに

効果的な薬用成分。
大別していくとにきびができた時に、

その炎症を抑えるための効果。
ニキビができているその間

全体的に綺麗にしてくれる効果。
肌が荒れてしまっているところを、

できるだけきれいな状態に戻してくるという効果。
体質的にニキビができないからだにしてしまうという効果。

など、いろいろな要素があるように思います。

これらすべてうまくまぜて使いこなせるようになると、

ニキビは誰の顔からもきえてくるようになるでしょう.

それが1番望ましいのですが、

なかなかできませんよね

また男性や女性によっても

体の分泌物も違ってくるので

にきびができる量やにきびができる体質も違ってくるようになってくるでしょう。

また、年齢的なものも違ってきます。

若い時ならば油分が多いので顔にできて、

ニキビが大人になればなるほど、

あごのあたりを中心にできて

くるわけですから、

これらは油分ではなく乾燥肌によりニキビができるものだということは、

ようするに具体策をしてなければいけませんね.

イプシロン-アミノカプロン酸について

イプシロン-アミノカプロン酸についてですが、「抗プラスミン薬」のほうが知っているかな?

プラスミンの働きを抑制する成分です。

おもな作用としては止血作用です。

プラスミンですが、これについても記載が必要でス。

これは炎症やアレルギー反応に関わっているのです。

炎症してしまったニキビにたいして、イプシロン-アミノカプロン酸を使うと落ち着かせる効果が期待できます。

ふと思ったのですが、薬の成分ってあまりにもマイナー?(失礼かな)なものについては、何だかとても長い名前だと思いませんか.

今回もそうですもんね.

なかなか覚えにくい名前なのですが、逆に長ければ長いほど薬として効果があると感じてしまいます.

面白いですよね.

なかなか覚えられないのにインパクトが強いというのは薬用だけではないでしょうかね.

名前が長かったら何とかまとめてとかニックネームをつけようと思ってしまいますね。

これらのことに関してはフルネームで呼んだ方が格好いいですものね.

しかし、代替がその効果として炎症を抑えるか、血行を促進するかが主な働きとなりますね。

後は肌を整える働きがあるぐらい。

しかし、何種類もの成分が含まれると言う事はそれ単独でガツンと効果のある物もないと言う事は確かです。

もしそういう薬用成分があるとするとそれはそれで怖いですしね。

もしかしたらあるのかもしれないけど、世に出ていないだけかもしれません。

ニキビが一発で治る薬が出来たらいいですね。

 

 

トラネキサム酸という成分

トラネキサム酸について説明します。

肝斑の治療に使用される美白成分として有名ですが、抗炎症作用や抗アレルギー作用、止血作用

その薬用成分は大体「かんぱん」の治療などに使わせていたのです。

そうですね、女性の中では有名ですものね.

だから少しこの言葉を聞いたことがあるという方もいると思います。

でもこれがニキビの薬の成分として使われるということをご存知でしたか?

私はびっくりしました.

なるほど、こんなところにもつかわれてるのだと。

しかし色を白くすることと何の関係があるのかとも思いました.

そこでいろいろ調べてみると、この成分も抗炎症作用や抗アレルギー作用があるんですよね.

まあなるほどと思いました。

しかも.止血作用などもありますし、ニキビや肌荒れなどにも効果があると言われている有効成分がしっかりと含まれているのです.

トラネキサム酸は、このように「かんぱん」だけでなく、ニキビの炎症を抑えるための薬用成分として使われていることもわかりました.
たいていのニキビに関する製品の中で、この成分が使用されてるのも何となくわかるような気がします.

トラネキサム酸という言葉ははっきりと知らなくてもどこかしらでこの文字を見たことがあるからこそ、

頭の片隅に残ってるんだなということもあります。

もしかしたら意外なところで、このトラネキサム酸という成分は見かけてるかもしれませんね.

今ニキビの成分について調べているからこそインパクトがあったのかもしれませんが、案外家の薬箱の中にもあったりして。

塩酸ピリドキシンについて

塩酸ピリドキシンについて今回は説明します。

過剰な皮脂の分泌を防ぐほか、抗炎症作用や血行促進作用などがある有効成分です。

ニキビケア化粧品よりも育毛剤に配合されていることが多く、皮脂の多い頭皮を健やかに保つ効果が期待されています。

ニキビというのは、直接言うと、過剰な皮脂の分泌なんですよね.

そこから炎症を起こして赤く腫れ上がったり、黄色の膿みをもったりするわけです。

それに対して過激なその皮脂の分泌を防ぐ働きがこの成分にはあります。

また、炎症を起こしている部分を沈静化する作用がありますし、さらには血行促進する作用もあります。

ですので、にきびに対しては非常に有効な薬用成分だということができます。
ただこれだけ優れた成分であるにもかかわらず、意外ですがニキビケア化粧品にはあまり含まれていないのが面白いところでしょうね。

何と良く含まれてるのはどちらかというと育毛剤などに含まれているのです。

意外だと思うかもしれませんが、先程説明した通り血行促進するという点から考えても、納得いくとおもいます。

また、地肌のところには皮脂がたまりやすいという意味でも、育毛剤の薬用成分として使われているのも理解できそうです。

頭皮を健やかに保つという意味ではこの成分がいいのでしょう。
結果的にはニキビに対して効果があるということは肌全体にも効果があるということなので、そこを考えると当然だと考えるのでしょうね。

これは納得ですね。

サリチル酸等について

これは焼くよう成分としてはかなり有名と思いますのでさらっとだけ説明しておきたいと思います.

それは何かといいますとサリチル酸です.

これは角質をやわらかくする効果があります.

もちろんそれだけではなく、高い殺菌作用もあることから、

にきびができている時などはその繁殖を防ぐ効果があることで非常に有名です。

別にここで取り立てて取り扱うものではなく、誰もが知っている効果なのです。ですので、サリチル酸は、化粧品の中にはよく含まれています。

なぜならば、マイルドピーリング効果があるからです.

女性ならこのサリチル酸ということ言葉よく聞いたことがあるのではないでしょうか.

それくらい普通に使われている薬用成分ですが、

ほとんどの商品の裏の 表示を見れば載っていると思います.

また、これとよく似た言葉でグリチルリチン酸というのがあります.

非常にニキビの炎症がひどい時などはこの強力な消炎作用を持つ成分であるこれを用いると、とても良いといえます.

ニキビや肌荒れを抑える成分としては最高級のものだと考えていただいていいのです。ニキビの薬用成分には、本当にいろいろなものがありますね。

でもはっきり言って、どれも有名なものばかり.

大抵の商品には必ずのっています.

効果がしっかりと出て、しかも、どの人にも合いやすい薬用成分だということの裏返しですよね.

これらを用いてもなかなかしつこいニキビですが、

もっともっとマニアックな薬用成分について調べていきたいと思うのです.

「アラントイン」という薬用成分

以前にもニキビの薬用成分について記載したことがあります。

何度かブログで紹介しているうちに、どんなものだったのかと忘れてしまうものですので、もう一度きちんと記載していきたいと思います。
「アラントイン」という薬用成分があるのですが、これは、消炎作用があります。

つまり、ニキビができたときにその炎症を抑える働きがあるのです。

ですのでニキビ治療薬などによく使われているので裏の表示などを見てみると、大概のってるのではないでしょうか。

また、消炎作用だけでなく、細胞の増殖を促してくれるという働きもあります。

つまり肌に良い細胞を増やしてくれると考えていいのではないでしょうか?またどうしてもニキビができている所というのは肌荒れがあると思うのですが、その肌荒れを防ぐ作用もありますので、いろいろ効果があるといえますね。

いろいろ作用が充実しているという 薬用成分ですので、治療薬としてはポピュラーなものだと思います。

よく使われているだけあって、きちんとした成分で作用しているのか.使っていて効果がでてくれば大概この薬の成分が含まれてると言っても過言ではなさそうです。

うまく使ってにきびを治したいものですよね.

以前にもこの薬用成分について紹介したかなあ。有名な薬用成分ですが、

当然のごとく紹介したかもしれませんが、改めてここに記載してみると、効果がすごいあるなあと思います。コレ一つで十分?くらいです物ね。

まだまだありますけど。