ニキビ対策商品にはいろいろな薬の成分が含まれている

以上のようにいろいろな成分つまり大人にきびに効果的な薬の成分を見てきました。

様々な薬用成分が含まれていることにも驚いたのですが、それぞれが微妙に自分たちの役割を生かすために存在してることがわかります。

大きな主役の周りには必ず素晴らしい脇役がいる。

そういった感覚で薬用成分が含まれてるってこともわかりますし、ちょっとした配合の違いによって劇薬にも毒薬にもなる薬でも、このようにニキビ対策治療薬として存在できるのですから素晴らしいと思います。

また欠かすことができないのが香料ではないでしょうか。

においをつけないといけない訳では無いのですが、やはり顔にぬる以上ある程度の香料が必要なんだなというのもわかります。

ニキビ云々とは全く関係ないものの、少なからず人に対して不快感を与えないような薬にしなければいけないのです。

それを考えたときに香料というのも少なからず必要なのだということがわかります。

炎症を抑える成分もあれば、肌の保湿成分として存在するものもある。

また両方の機能を兼ね備えたものもあるし、全くどちらも入らずに、においだけ与えるための存在のものもある。

これらの関係が微妙に保たれて大人ニキビ用の薬として、販売されているということが勉強になりました。

今回は大人ニキビについて取り上げましたが、一般のニキビの場合でも色々な薬用成分がありますので興味深く感じています。

いろいろ調べてくるとだんだんわかってくるようになるので、ニキビができている自分にとってもすごく勉強になりました。

いろいろな薬用成分がここに登場

有効成分は本当にたくさんありますよね?例えばこんなものも薬用成分の中の1つとして含まれています。それはカルボキシビニルポリマーと言う成分です。

ぱっと見た瞬間薬用成分?と思われるかもしれませんが、れっきとした薬用成分としてニキビ対策用の商品に含まれています。

この商品自体は何かと申しますと、水分を含むとそれを蒸発させないような作用があるわけです。

ニキビに関連した商品を肌に付けて、それが炎症作用を抑える働きがあったり、保湿成分を含むものを使ってしっかりと保湿するのが主体で考えると、このカルボキシビニルポリマーは塗った後、水分が蒸発することを防ぐ役割があるのです。

本来の効果からすれば二次的三次的な存在なのかもしれませんが、これがなければすぐに水分が蒸発し本来の効果を得ることができなくなってしまうかもしれません。

間接的であるかもしれませんが、縁の下の力持ち的な存在として欠かすことができませんね。

一方でグリコシルトレハロースという薬用成分が含まれていることがあるのですが、これはなんと炎症を抑えながらも保湿成分としての役割があるので、2つの役割を果たしてくれるのです。こういう存在の成分は非常に凄いなと思います。

 

グリコシルトレハロースとカルボキシビニルポリマーポを比べるのは筋違いかもしれませんが、主役になる成分もありますし、脇役として存在する成分もあるかもしれませんが、どちらにしても、大人ニキビ対策用商品部中に含まれる薬用成分としては欠かすことができない薬用成分だと言えるのです。

 

 

大人ニキビに効果的な薬用成分は本当にたくさんある

保湿成分と言う意味で言うと、もう一つ挙げられる成分としてはキサンタンガムが挙げられます。

他にもいろいろな薬用成分としてここで一気にあげたいと思います。

例えばキサンタンガムの他にも、水酸化Kと言うのもありますし、無水ケイ酸やアクリル酸の他にもメタクリル酸アルキル共重合体、さらにはメチルパラベンなども大人にきび対策用の商品の中には含まれていることがあります。

抗炎症作用というのもありますし、しっとり感を与えるという意味ではこれらの成分を欠かすことができません。

微妙なバランスを保ちながらも、大人ニキビに有効に働くと言うのが正直な感想ではないでしょうか?

有名な主成分という形ではなくて、わき役的な存在かもしれませんが、使ってみて納得といった形でしょうね。

薬用成分を調べてみるといろんなことが分かるのですが、たくさん含んでいればそれでよいという意味でもなく、要はバランスよく含んでいることによって薬として成立するんだなと言うことがわかります。

また肌の性質も人それぞれよって違いますので、微妙な薬用成分の配合によっても効果が違ってきますし、さらには副作用が出る方もいるので思いきってこの薬用成分だけを集中して使いたいんだって事は、商品を開発している会社にとっても難しいところなんでしょうね。

調べれば調べるほど薬用成分の働きもわかり、それがまたたくさん摂り過ぎると副作用が大きくなるということも分かります。

こうしてみると大人ニキビに有効な薬用成分というのは本当にたくさんあるのですね 。

なんとヒアルロン酸も

クリアスムースについて記載したのは、しっかりと保湿すると言うことでその薬用成分があると説明しました。

しかし、意外と知られていないのはヒアルロン酸なんですよね。名前ではこちらの方が有名なんですが。

保湿成分と言う意味ではヒアルロン酸が効果的だと考えますよね。

しかし意外とヒアルロン酸だけでは効果が発揮しないのかニキビのそういう薬用成分が中に含まれていることは少ないのです(と思います)

なぜそう言えるのかというと、ヒアルロン酸は確かに保湿成分としては有効な成分だと言えるのですが、ニキビの炎症を抑える成分が含まれてないので単独では使いにくいことになります。

また他の薬用成分との相性のことを考えると、ヒアルロン酸よりもクリアスムースの方がいいということになるのでしょうか?

専門的なとこかはどうかわかりませんが、このような形で保湿成分がいいからといって、その成分が含まれているってわけではないことがわかりました。いい勉強になりますよね?

 

肌に効果的だということで、ビタミンCが使われるものの肌にもっといい薬用成分などはいっぱいあるはずです。

しかしニキビというところに特化して考えると、ビタミンCがいちばん良いと言うことになりますし、ほかに成分があったとしてもニキビに合わないということなのかもしれません。

薬用成分を調べてみると、このようにいろいろなことが分かってきます。

単純にニキビと言うではなく、大人ニキビとして有効なのは何かということ調べていくと、非常に興味がわいてきますよね。

 

 

 

 

クリアスムースについて

今回は薬用成分としてクリアスムースをご紹介しましょう。

今までの薬用成分とは違う働きとして、これはニキビの炎症をおさえる働きがあるわけではありません.

にきびができた部分はどうしても炎症起こしてしまいますので、その炎症を抑える成分が含まれているものが、ニキビの主成分として働くのはよくわかります。

しかしこのクリアスムースは全くそういった性質を異にするのです。

どういった働きがあるのかといえば肌に潤いを与えるということです。

これが非常に大事なんですよね。

大人ニキビができる原因は、そもそも乾燥肌によって肌が荒れた状態なってやがてはニキビになるという循環なのですから、肌に潤いを与えて保湿成分がたっぷり含まれてる状態なればそれだけニキビができにくい体質になるということになります。

一般的なニキビと違い、大人ニキビはこのよう解釈の仕方が非常に大事なってくるので、そういう意味においてもこの成分であるクリアスムースはとても効果として大きいのです。

水分を与えるだけではなく、角質を整える成分も含まれていますので、このクリアスムースは非常に重宝されるのです。

炎症抑える成分とともにこのクリアスムースが配合されているおかげで、ニキビを治しながら肌の状態を美しくしていくと言うことですので、使っている女性にとっては大好評なのです。

ですので商品を購入する場合はこれらの成分が含まれてるものを選んでもいいですし、いったいどういう作用は他にもあるのか調べてみるのもいいかもしれません。

さらにサリチル酸をみていくと

サリチル酸についてもう少し補足して説明していきたいと思います。

大人ニキビに非常に有効な成分であることにはかわりないのですが、ビタミンC誘導体と非常に相性の良い薬用成分なのです。

相性が良かったとして、それがニキビに対してどう効果が働くのかという点についてですが、もともとサリチル酸は古い角質を取り除き、新陳代謝を活発化させることによって新しい皮膚を生成させるために存在する薬用成分です。

そこでお肌の手入れ、およびお肌の健康維持を保つために、必要なビタミンC誘導体が加わることによって、どんどんと肌の状態が良くなっていくということがわかります。

メラニンが蓄積されていくのも防いでいきますので、女性にとっては欠かすことのできない薬用成分と言うことになりますよね。
ニキビができにくい環境を作る。

そして肌の状態をよいまま維持する。

そういった作用がサリチル酸とビタミンC誘導体がうまく働きかけてくれるのです。

サリチル酸はさらにビタミンC誘導体が肌の中に浸透しやすい状態にしてくれるのと同時に、きめ細かい肌へと変えてくれるので、

女性にとっては最高の薬用成分だということができます。

ビタミンCを同時に取ることができるような商品を使えば、ニキビが治るだけでなく、美しい肌へと変化することも可能です。

使い続ければ使い続けるほど、その良さを実感していくことができるでしょう。有効な薬用成分としてサリチル酸があることを覚えておきましょう。

 

サリチル酸について

ニキビに有効な成分、グリチルリチン酸ステアリルをご紹介しました。

今回はサリチル酸についてご紹介したいと思います。

サリチル酸は一言で言うとピーリング効果があるわけです。

ピーリングとは何かといいますと皮をむくとイメージされるといいと思うのですが、要は新陳代謝によって肌が活性化され、新しい皮膚が生まれ変わるその作用を手助けしてくれる薬用成分がこのサリチル酸ということになります。

新しい皮膚に生まれ変わってでてくるのと同時に、古い角質を取り除いてくれる役割があるわけです。

古い角質が残ってそこに空気などに含まれている汚い物質などがまさにアサルトニキビができるわけです。

でもその古い角質を取り除いてしまうと、いくら空気中の汚いものが肌に沈着したとしてもニキビまで発展することはありません。

新陳代謝の活性化をしてくれるこのサリチル酸は非常にピーリング効果が高いので、ニキビには非常に有効だということがいえます。

こういった薬用成分によるピーリングのことをケミカルピーリング、つまり科学的にピーリングを行う治療ということになります。

科学的治療行うということですから自然界にあるものとは違ってやはり体に一定的な刺激を与えたり負担を与えたりすることは否めません。

ですのでいちどどこかの肌の部分を使ってパッチテストを行うなどしてみると良いと思います。

以上のようにサリチル酸はピーリング効果ありニキビにとっては有効な成分だということが出来るのです。

 

 

 

 

 

 

グリチルリチン酸ステアリルについて

よく薬などの裏面を見てみると書いてある薬用成分として、グリチルリチン酸ジカリウムが載っていると思います。この薬用成分は非常に有名ですよね?

炎症を抑えるときによく用いられる薬ですので、ほとんどの薬にこの成分が含まれているのではないでしょうか?

でも他によく似た名前でグリチルリチン酸ステアリルというものがあります。これも非常にニキビに対して有効に働くので、よく用いられる薬用成分だといえます。

名前が似てるのも勿論なのですが、グリチルリチン酸ジカリウムの強力版としてこの成分が存在しているのです。

つまり普通のグリチルリチン酸ジカリウムの場合が1とした場合、グリチルリチン酸ステアリルは数倍も効果があるということになります。これはすごいとお思いになった方もいるかもしれませんが同時にそれだけ強い効果を発揮するような薬用成分だったら皮膚に非常に悪いのではないかと思うかもしれません。

確かに非常に厳しい制限もあります。

使う量も限られていますので、多く用いられる事はありません。

ただ安全性は確保されているのでその点は心配ないと言えるでしょう。

このような薬用成分を含んだ薬を使うときは、かなりニキビに対して炎症効果をもたらしたいと思うようなときに使うものだということがイメージできると思います。

薬のパッケージを見てこの成分が含まれているときは炎症効果がきちんとあるんだなということがお分かりいただけるはずです。

また同時に使いすぎると、皮膚に対してよくない影響を及ぼすんだなっていうことも頭の隅に覚えておくと良いでしょう。

グリチルリチン酸について

グリチルリチン酸もおとなニキビに効く作用の代表ですね。

これは非常に強い抗炎症作用を持っています。今まで説明しきたことと同じように、肌のトラブルが生じる状態が大人ニキビでありますから、それの炎症をしっかりとおさえてくれる成分、コレが1番ニキビに働くことなのです。

だからこそ大人ニキビに対してこのグリチルリチン酸、ということになります。代表例の薬用成分としてこの名前をよく聞くのではないでしょうか。

大人になってニキビができたときに、皮膚科で処方される薬は正しくグリチルリチン酸が含まれているはずです。だから何度か目にしたことがあると思います。

それぐらい代表的なものですので、しっかりと肌の炎症を抑えることに努めましょう。

もちろんこの成分だけが含まれているのではなく、その他の成分と混ざってよりよく大人ニキビに高価が発揮できるように作られてあります。

ちなみにこのグリチルリチン酸は漢方などでよく聞く名前なのですが「甘草」という草があるのですが、その根から抽出される成分がまさにこのグリチルリチン酸ということになります。

ですので昔の中国ではこの成分に注目し、肌トラブルにはものすごく効果があることを知っていたのでしょうね。

肌の炎症を抑える成分がこのグリチルリチン酸ですので、はっきり言ってニキビを解消するだけの効果があるわけではありません。単なる炎症を抑制するだけの働きを持っているだけなんです。万能薬と言う訳では無いところが残念なところなんですよね。

 

ビタミンB群も有効であるということ

ニキビになんとビタミンCが初であるということも、前回のブログで紹介しました。

今回は他にどんな成分が大人ニキビに有効なのか?その点について記してみました。

ビタミンB群もどうやら大人ニキビにはとても良いということがわかったのです。

それは何故かというと、このビタミンB 群は皮脂の分泌を抑制する作用があるからです。

ビタミン類が大人ニキビに直接影響するというよりも、皮膚を正常な状態に戻してくれる作用が強いようです。

つまりそれぐらい皮膚は異常なぐらいにダメージをうけていることになりますよね。

ニキビと言うのは前に説明しましたように、ストレスや生活習慣の乱れが生じることが多いです。

若い時のように「青春ニキビ」として、皮脂の分泌や不衛生な部分からできるものとは違い、肌のトラブルから引き起こされた炎症だと考えた方が良いでしょう。だからこそもとの肌の状態にさえ戻せば、随分と大人ニキビが改善されるということは理解できるのです。

だから簡単な話、薬用成分をとるというより、普段の生活を見直し、ストレスなく十分な睡眠をとり、規則正しい生活をすることが1番の特効薬かもしれません。

色々な物をとり入れるよりも、まずは自分の生活を見直す考え方の方が大切かもしれませんね。

それができないときに初めて外から取り入れるものによって解決しようという考え方になるのです。

 

 

 

皮膚を正常な状態に保ってくれるもしくは戻してくれる役割が強いのですビタミンB群は皮脂の分泌を抑える作用があるからです