イプシロン-アミノカプロン酸について

イプシロン-アミノカプロン酸についてですが、「抗プラスミン薬」のほうが知っているかな?

プラスミンの働きを抑制する成分です。

おもな作用としては止血作用です。

プラスミンですが、これについても記載が必要でス。

これは炎症やアレルギー反応に関わっているのです。

炎症してしまったニキビにたいして、イプシロン-アミノカプロン酸を使うと落ち着かせる効果が期待できます。

ふと思ったのですが、薬の成分ってあまりにもマイナー?(失礼かな)なものについては、何だかとても長い名前だと思いませんか.

今回もそうですもんね.

なかなか覚えにくい名前なのですが、逆に長ければ長いほど薬として効果があると感じてしまいます.

面白いですよね.

なかなか覚えられないのにインパクトが強いというのは薬用だけではないでしょうかね.

名前が長かったら何とかまとめてとかニックネームをつけようと思ってしまいますね。

これらのことに関してはフルネームで呼んだ方が格好いいですものね.

しかし、代替がその効果として炎症を抑えるか、血行を促進するかが主な働きとなりますね。

後は肌を整える働きがあるぐらい。

しかし、何種類もの成分が含まれると言う事はそれ単独でガツンと効果のある物もないと言う事は確かです。

もしそういう薬用成分があるとするとそれはそれで怖いですしね。

もしかしたらあるのかもしれないけど、世に出ていないだけかもしれません。

ニキビが一発で治る薬が出来たらいいですね。

 

 

トラネキサム酸という成分

トラネキサム酸について説明します。

肝斑の治療に使用される美白成分として有名ですが、抗炎症作用や抗アレルギー作用、止血作用

その薬用成分は大体「かんぱん」の治療などに使わせていたのです。

そうですね、女性の中では有名ですものね.

だから少しこの言葉を聞いたことがあるという方もいると思います。

でもこれがニキビの薬の成分として使われるということをご存知でしたか?

私はびっくりしました.

なるほど、こんなところにもつかわれてるのだと。

しかし色を白くすることと何の関係があるのかとも思いました.

そこでいろいろ調べてみると、この成分も抗炎症作用や抗アレルギー作用があるんですよね.

まあなるほどと思いました。

しかも.止血作用などもありますし、ニキビや肌荒れなどにも効果があると言われている有効成分がしっかりと含まれているのです.

トラネキサム酸は、このように「かんぱん」だけでなく、ニキビの炎症を抑えるための薬用成分として使われていることもわかりました.
たいていのニキビに関する製品の中で、この成分が使用されてるのも何となくわかるような気がします.

トラネキサム酸という言葉ははっきりと知らなくてもどこかしらでこの文字を見たことがあるからこそ、

頭の片隅に残ってるんだなということもあります。

もしかしたら意外なところで、このトラネキサム酸という成分は見かけてるかもしれませんね.

今ニキビの成分について調べているからこそインパクトがあったのかもしれませんが、案外家の薬箱の中にもあったりして。

塩酸ピリドキシンについて

塩酸ピリドキシンについて今回は説明します。

過剰な皮脂の分泌を防ぐほか、抗炎症作用や血行促進作用などがある有効成分です。

ニキビケア化粧品よりも育毛剤に配合されていることが多く、皮脂の多い頭皮を健やかに保つ効果が期待されています。

ニキビというのは、直接言うと、過剰な皮脂の分泌なんですよね.

そこから炎症を起こして赤く腫れ上がったり、黄色の膿みをもったりするわけです。

それに対して過激なその皮脂の分泌を防ぐ働きがこの成分にはあります。

また、炎症を起こしている部分を沈静化する作用がありますし、さらには血行促進する作用もあります。

ですので、にきびに対しては非常に有効な薬用成分だということができます。
ただこれだけ優れた成分であるにもかかわらず、意外ですがニキビケア化粧品にはあまり含まれていないのが面白いところでしょうね。

何と良く含まれてるのはどちらかというと育毛剤などに含まれているのです。

意外だと思うかもしれませんが、先程説明した通り血行促進するという点から考えても、納得いくとおもいます。

また、地肌のところには皮脂がたまりやすいという意味でも、育毛剤の薬用成分として使われているのも理解できそうです。

頭皮を健やかに保つという意味ではこの成分がいいのでしょう。
結果的にはニキビに対して効果があるということは肌全体にも効果があるということなので、そこを考えると当然だと考えるのでしょうね。

これは納得ですね。

サリチル酸等について

これは焼くよう成分としてはかなり有名と思いますのでさらっとだけ説明しておきたいと思います.

それは何かといいますとサリチル酸です.

これは角質をやわらかくする効果があります.

もちろんそれだけではなく、高い殺菌作用もあることから、

にきびができている時などはその繁殖を防ぐ効果があることで非常に有名です。

別にここで取り立てて取り扱うものではなく、誰もが知っている効果なのです。ですので、サリチル酸は、化粧品の中にはよく含まれています。

なぜならば、マイルドピーリング効果があるからです.

女性ならこのサリチル酸ということ言葉よく聞いたことがあるのではないでしょうか.

それくらい普通に使われている薬用成分ですが、

ほとんどの商品の裏の 表示を見れば載っていると思います.

また、これとよく似た言葉でグリチルリチン酸というのがあります.

非常にニキビの炎症がひどい時などはこの強力な消炎作用を持つ成分であるこれを用いると、とても良いといえます.

ニキビや肌荒れを抑える成分としては最高級のものだと考えていただいていいのです。ニキビの薬用成分には、本当にいろいろなものがありますね。

でもはっきり言って、どれも有名なものばかり.

大抵の商品には必ずのっています.

効果がしっかりと出て、しかも、どの人にも合いやすい薬用成分だということの裏返しですよね.

これらを用いてもなかなかしつこいニキビですが、

もっともっとマニアックな薬用成分について調べていきたいと思うのです.

「アラントイン」という薬用成分

以前にもニキビの薬用成分について記載したことがあります。

何度かブログで紹介しているうちに、どんなものだったのかと忘れてしまうものですので、もう一度きちんと記載していきたいと思います。
「アラントイン」という薬用成分があるのですが、これは、消炎作用があります。

つまり、ニキビができたときにその炎症を抑える働きがあるのです。

ですのでニキビ治療薬などによく使われているので裏の表示などを見てみると、大概のってるのではないでしょうか。

また、消炎作用だけでなく、細胞の増殖を促してくれるという働きもあります。

つまり肌に良い細胞を増やしてくれると考えていいのではないでしょうか?またどうしてもニキビができている所というのは肌荒れがあると思うのですが、その肌荒れを防ぐ作用もありますので、いろいろ効果があるといえますね。

いろいろ作用が充実しているという 薬用成分ですので、治療薬としてはポピュラーなものだと思います。

よく使われているだけあって、きちんとした成分で作用しているのか.使っていて効果がでてくれば大概この薬の成分が含まれてると言っても過言ではなさそうです。

うまく使ってにきびを治したいものですよね.

以前にもこの薬用成分について紹介したかなあ。有名な薬用成分ですが、

当然のごとく紹介したかもしれませんが、改めてここに記載してみると、効果がすごいあるなあと思います。コレ一つで十分?くらいです物ね。

まだまだありますけど。

ニキビ対策商品にはいろいろな薬の成分が含まれている

以上のようにいろいろな成分つまり大人にきびに効果的な薬の成分を見てきました。

様々な薬用成分が含まれていることにも驚いたのですが、それぞれが微妙に自分たちの役割を生かすために存在してることがわかります。

大きな主役の周りには必ず素晴らしい脇役がいる。

そういった感覚で薬用成分が含まれてるってこともわかりますし、ちょっとした配合の違いによって劇薬にも毒薬にもなる薬でも、このようにニキビ対策治療薬として存在できるのですから素晴らしいと思います。

また欠かすことができないのが香料ではないでしょうか。

においをつけないといけない訳では無いのですが、やはり顔にぬる以上ある程度の香料が必要なんだなというのもわかります。

ニキビ云々とは全く関係ないものの、少なからず人に対して不快感を与えないような薬にしなければいけないのです。

それを考えたときに香料というのも少なからず必要なのだということがわかります。

炎症を抑える成分もあれば、肌の保湿成分として存在するものもある。

また両方の機能を兼ね備えたものもあるし、全くどちらも入らずに、においだけ与えるための存在のものもある。

これらの関係が微妙に保たれて大人ニキビ用の薬として、販売されているということが勉強になりました。

今回は大人ニキビについて取り上げましたが、一般のニキビの場合でも色々な薬用成分がありますので興味深く感じています。

いろいろ調べてくるとだんだんわかってくるようになるので、ニキビができている自分にとってもすごく勉強になりました。

いろいろな薬用成分がここに登場

有効成分は本当にたくさんありますよね?例えばこんなものも薬用成分の中の1つとして含まれています。それはカルボキシビニルポリマーと言う成分です。

ぱっと見た瞬間薬用成分?と思われるかもしれませんが、れっきとした薬用成分としてニキビ対策用の商品に含まれています。

この商品自体は何かと申しますと、水分を含むとそれを蒸発させないような作用があるわけです。

ニキビに関連した商品を肌に付けて、それが炎症作用を抑える働きがあったり、保湿成分を含むものを使ってしっかりと保湿するのが主体で考えると、このカルボキシビニルポリマーは塗った後、水分が蒸発することを防ぐ役割があるのです。

本来の効果からすれば二次的三次的な存在なのかもしれませんが、これがなければすぐに水分が蒸発し本来の効果を得ることができなくなってしまうかもしれません。

間接的であるかもしれませんが、縁の下の力持ち的な存在として欠かすことができませんね。

一方でグリコシルトレハロースという薬用成分が含まれていることがあるのですが、これはなんと炎症を抑えながらも保湿成分としての役割があるので、2つの役割を果たしてくれるのです。こういう存在の成分は非常に凄いなと思います。

 

グリコシルトレハロースとカルボキシビニルポリマーポを比べるのは筋違いかもしれませんが、主役になる成分もありますし、脇役として存在する成分もあるかもしれませんが、どちらにしても、大人ニキビ対策用商品部中に含まれる薬用成分としては欠かすことができない薬用成分だと言えるのです。

 

 

大人ニキビに効果的な薬用成分は本当にたくさんある

保湿成分と言う意味で言うと、もう一つ挙げられる成分としてはキサンタンガムが挙げられます。

他にもいろいろな薬用成分としてここで一気にあげたいと思います。

例えばキサンタンガムの他にも、水酸化Kと言うのもありますし、無水ケイ酸やアクリル酸の他にもメタクリル酸アルキル共重合体、さらにはメチルパラベンなども大人にきび対策用の商品の中には含まれていることがあります。

抗炎症作用というのもありますし、しっとり感を与えるという意味ではこれらの成分を欠かすことができません。

微妙なバランスを保ちながらも、大人ニキビに有効に働くと言うのが正直な感想ではないでしょうか?

有名な主成分という形ではなくて、わき役的な存在かもしれませんが、使ってみて納得といった形でしょうね。

薬用成分を調べてみるといろんなことが分かるのですが、たくさん含んでいればそれでよいという意味でもなく、要はバランスよく含んでいることによって薬として成立するんだなと言うことがわかります。

また肌の性質も人それぞれよって違いますので、微妙な薬用成分の配合によっても効果が違ってきますし、さらには副作用が出る方もいるので思いきってこの薬用成分だけを集中して使いたいんだって事は、商品を開発している会社にとっても難しいところなんでしょうね。

調べれば調べるほど薬用成分の働きもわかり、それがまたたくさん摂り過ぎると副作用が大きくなるということも分かります。

こうしてみると大人ニキビに有効な薬用成分というのは本当にたくさんあるのですね 。

なんとヒアルロン酸も

クリアスムースについて記載したのは、しっかりと保湿すると言うことでその薬用成分があると説明しました。

しかし、意外と知られていないのはヒアルロン酸なんですよね。名前ではこちらの方が有名なんですが。

保湿成分と言う意味ではヒアルロン酸が効果的だと考えますよね。

しかし意外とヒアルロン酸だけでは効果が発揮しないのかニキビのそういう薬用成分が中に含まれていることは少ないのです(と思います)

なぜそう言えるのかというと、ヒアルロン酸は確かに保湿成分としては有効な成分だと言えるのですが、ニキビの炎症を抑える成分が含まれてないので単独では使いにくいことになります。

また他の薬用成分との相性のことを考えると、ヒアルロン酸よりもクリアスムースの方がいいということになるのでしょうか?

専門的なとこかはどうかわかりませんが、このような形で保湿成分がいいからといって、その成分が含まれているってわけではないことがわかりました。いい勉強になりますよね?

 

肌に効果的だということで、ビタミンCが使われるものの肌にもっといい薬用成分などはいっぱいあるはずです。

しかしニキビというところに特化して考えると、ビタミンCがいちばん良いと言うことになりますし、ほかに成分があったとしてもニキビに合わないということなのかもしれません。

薬用成分を調べてみると、このようにいろいろなことが分かってきます。

単純にニキビと言うではなく、大人ニキビとして有効なのは何かということ調べていくと、非常に興味がわいてきますよね。

 

 

 

 

クリアスムースについて

今回は薬用成分としてクリアスムースをご紹介しましょう。

今までの薬用成分とは違う働きとして、これはニキビの炎症をおさえる働きがあるわけではありません.

にきびができた部分はどうしても炎症起こしてしまいますので、その炎症を抑える成分が含まれているものが、ニキビの主成分として働くのはよくわかります。

しかしこのクリアスムースは全くそういった性質を異にするのです。

どういった働きがあるのかといえば肌に潤いを与えるということです。

これが非常に大事なんですよね。

大人ニキビができる原因は、そもそも乾燥肌によって肌が荒れた状態なってやがてはニキビになるという循環なのですから、肌に潤いを与えて保湿成分がたっぷり含まれてる状態なればそれだけニキビができにくい体質になるということになります。

一般的なニキビと違い、大人ニキビはこのよう解釈の仕方が非常に大事なってくるので、そういう意味においてもこの成分であるクリアスムースはとても効果として大きいのです。

水分を与えるだけではなく、角質を整える成分も含まれていますので、このクリアスムースは非常に重宝されるのです。

炎症抑える成分とともにこのクリアスムースが配合されているおかげで、ニキビを治しながら肌の状態を美しくしていくと言うことですので、使っている女性にとっては大好評なのです。

ですので商品を購入する場合はこれらの成分が含まれてるものを選んでもいいですし、いったいどういう作用は他にもあるのか調べてみるのもいいかもしれません。